開塾式で大庭会長(右)のあいさつを聞く児童生徒

 退職した教員らがボランティアで児童生徒に勉強を教える「三戸土曜塾」の開塾式が1日、青森県三戸町中央公民館で行われた。本年度の授業は6月27日から始まっており、小学5~中学3年生の35人が来年2月まで原則毎週土曜日の午前中、数学や英語、国語に加え、郷土の歴史や文化などについて学ぶ「立志科」を受講する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から