市民生活の平穏を願った三沢まつりの中止報告祭

 新型コロナウイルス対策で今年の「三沢まつり」(20~23日)が中止となったことを受け、青森県三沢市の権現神社(浄法寺陸郎宮司)の社殿で1日、「中止報告祭」が開かれた。三沢まつりを主催する市商工会関係者や氏子総代ら9人が出席、市民生活の安全を祈り「来年こそはまつり開催を」と願いを込めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)