廃棄物処理を手掛ける青森県八戸市の奥羽クリーンテクノロジー(笹垣岳史社長)が、同市豊洲に集塵(じん)対策など最先端の環境対策を施した中間処理施設を建設し、来春の本格稼働を目指していることが1日、分かった。中間処理施設でリサイクルを促進し、既存の焼却施設での廃棄物処理を効率的に進める方針だ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)