八戸パークホテルに展示されている吹上山車組の小型山車「花魁道中」

 新型コロナウイルスの影響で、発祥300年目の八戸三社大祭は山車運行を取りやめ、神社の祭礼行事のみとなった。その中で、三社大祭参加100年という大きな節目を迎えた吹上山車組は小型の山車を制作し1、2の両日、青森県八戸市の八戸パークホテルで展示している。「技術、地域への思いを200年、300年と伝承したい」。山車運行が途絶えても関係者はこうした思いを強くしている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。