ネットマルシェをPRする実行委員長の濱田さん(中)ら
しもきたマルシェのスマートフォン用サイト画面

 青森県下北地方の若手農業者らが中心となり、毎年開催している産直イベント「しもきたマルシェ」の実行委員会が、初めてのインターネット産直に取り組んでいる。新型コロナウイルス感染症の影響で、今年はまだイベントを開催できていないが、旬の農水産物を多くの人に届けたいと企画した。5日まで、注文を受け付けている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から