シールを使ったネイルアート。皮膚に転写するタトゥーシールとしても使用でき、肌の状態に注意しながら使うよう呼びかけている
同級生同士でコラボ商品を完成させた(左から)北村さん、浦さん、赤沼さん

 2017年にねぶた大賞を受賞した青森市のねぶた師北村麻子さん(37)制作の「紅葉狩(もみじがり)」を題材にしたネイルシールが完成した。制作したのはネイリスト浦尚美さん(37)、デザイナー赤沼なお子さん(38)=いずれも同市=で、3人は青森西高の同級生。卒業後に異なる分野のクリエーターとして再会し、一つの商品を形にできたことを喜んでいる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。