青森県警本部に勤務する40代の男性巡査部長=30日付で懲戒免職処分=が飲酒運転で追突事故を起こし、警察に通報せず現場から逃走した事件で、巡査部長は車内で缶酎ハイを飲みながら車を運転していたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。取り調べに対し、「上司と反りが合わなかった」という趣旨の供述をしていることも新たに判明。捜査当局は職場の人間関係への不満が動機につながった可能性があるとみて、詳しく調べている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。