VRねぶたのデモ画面。大型ねぶたや新町通りなどの街並みを再現、祭りの熱気を伝えている
「オンライン写真展」に掲載する予定の1枚。岾谷さんは「祭りを感じ、人の心を躍らせるきっかけになれば」と話す

 新型コロナウイルスの影響で相次いで中止・縮小となった青森県内の夏祭りを盛り上げようと、例年夏祭りが始まるこの時期に合わせ、インターネットなどを活用し、「疑似」イベントや過去の映像・写真を紹介する取り組みが続く。運営関係者は「少しでも祭り気分を味わい、夏を過ごしてもらえれば」と思いを巡らせている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)