青森労働局は31日、6月の青森県内の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.02ポイント下がり0.91倍だったと発表した。1倍を下回るのは2カ月連続で、倍率の低下は4カ月連続。全国順位は4番目に低い44位。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、雇用失業情勢は悪化の一途をたどっている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)