夜の盛美園で演奏するスイング・ハット・ジャズ・オーケストラのメンバー(手前)=25日夜

 明るかった西の空が赤く染まり、みるみる夕闇に包まれた。ヒグラシと野鳥の声も消えた。青森県平川市の国名勝「盛美園」のステージに25日夜、ビッグバンドのメンバー18人が立った。新型コロナウイルス感染拡大で、出演予定は軒並みキャンセル、解散の危機に立ったが、多くの人の協力でこの日、開催にこぎ着けた。客席は軒並みマスク姿、声援も自粛。それでも、いつか聴衆の笑顔を見ながら演奏できる日が戻ると信じ、力いっぱいの15曲を届けた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。