県警本部所属の男性警察官が飲酒運転で追突事故を起こした現場。向こう側が道の駅とわだ=30日、十和田市伝法寺平窪

 青森県十和田市内で6月、酒気を帯びた状態で車を運転して事故を起こし逃げたとして、十和田署は30日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)と道交法違反(事故不申告)の疑いで県警本部に勤務する40代男性巡査部長を青森地検八戸支部に書類送検した。県警は巡査部長を同日付で懲戒免職処分にした。懲戒処分が相次いでいることもあり、県警は8月3日、緊急対策会議を開き、再発防止の徹底を図る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。