目撃されたニホンジカの群れ。今春生まれたとみられる子ジカ(右)を連れている=29日午前9時ごろ、十和田市の八甲田パノラマパークゴルフ場(亀山広三さん提供)

 青森県十和田市法量焼山の八甲田パノラマパークゴルフ場で29日、幼獣を含むニホンジカ3頭が群れているのを、プレー中の市民が目撃、写真に収めた。専門家は「ニホンジカが一帯で繁殖していると見受けられる」と指摘し、奥入瀬渓流や同市周辺の植生への悪影響を心配している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。