青森県が30日に発表した6月の月例観光統計調査(速報値)によると、県内の主要観光施設(35カ所)の入り込み客数は37万9094人、主要宿泊施設(76カ所)の宿泊者数は8万408人だった。前年同月と比べ入り込み客数は56.9%減、宿泊者数は60.6%減と新型コロナウイルス感染症の影響が続いているものの、入り込み客数、宿泊者数共に4、5月を上回り、回復の兆しを見せた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)