2週間の休業を余儀なくされた伊藤さん。これまで以上に対策を取り、29日から営業を再開する=28日、十和田市のモレナ

 新型コロナウイルスに感染した青森市の男性警察官が、検査呼び掛けに応じないまま青森県十和田市に出張し飲食店を利用したため休業を余儀なくされた、同市のクラブ「モレナ」オーナーの伊藤芳恵さん(59)と居酒屋「旬彩 和海(なごみ)」代表の安西直軌さん(29)が28日、東奥日報取材に応じた。2人は2週間、健康観察のために他人との接触を避け、28日まで臨時休業をすることになった。伊藤さんは「感染の可能性があると知りながら来店した」、安西さんは「接触を認め、自覚した行動を取らなかった」と憤り、損害賠償を求め法的措置も視野に入れているという。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。