青森県がまとめた野生鳥獣による2019年度の県内の農作物被害(速報値)は、被害金額が前年度比12%増の6326万円、被害面積が同13%増の23.5ヘクタールだった。三八地域でカラスによる被害が減った一方、中南地域でツキノワグマやニホンザルによる果樹の食害が増加した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から