青森サーモンユッケ丼を試食する学生
函館市の調理師専門学校の協力を得て考案された青森サーモンユッケ丼

 深浦町と今別町で青森県産サーモントラウト(青森サーモン)の養殖研究事業を行っている弘前大学地域戦略研究所は、青森サーモンを使った料理を考案し27日、同大生協で学生を対象に、味などを評価してもらうモニタリング調査をスタートさせた。青森サーモンの学食メニューの定番化、知名度アップとブランド化が狙い。試食した学生からは「脂が乗っておいしい」との声が聞かれた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。