お菓子を詰める高校生たち=22日午後、青森市の青森明の星高校

 子ども食堂を利用する子どもたちにお菓子を食べてもらおうと、青森市の青森明の星高校3年5組の有志12人が22日、同市の寺からもらった供え物や同校の生徒、教員が寄せたお菓子などの袋詰めを行った。十和田市の子ども食堂を通じて100人の子どもに配られる予定。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。