全焼した住宅を調べる消防隊員ら=23日午前9時18分、富山県氷見市

 23日午前0時10分ごろ、富山県氷見市の無職正保憲昭さん(72)方から火が出ていると119番があった。木造2階建てを全焼し、約1時間半後に消し止められたが、焼け跡から身元が分からない3人の遺体が見つかった。1人は女性で、残りの2人は性別不明という。

 県警氷見署によると、住宅では、正保さんと妻の孝子さん(73)、90代の孝子さんの母の3人が暮らしており、全員と連絡が取れていない。氷見署は3人が火災に巻き込まれたとみて、遺体の身元の確認や出火原因の特定を進めている。

 孝子さんが火災に気付き近くに住む長男(48)に連絡。駆け付けた長男が通報した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む