オープンした「三内縄文ベリーランド」でブラックベリーを収穫する来場者たち

 青森市三内地区の新たな名産品として売り出し中のブラックベリーを収穫できる観光農園「三内縄文ベリーランド」が20日、オープンした。初日から次々と客が訪れ、「おいしい」などと言いながら頬張っていた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から