青森市内の酒販店7店でつくる「ななの会」のメンバーら
15周年を記念して発売された限定酒「七力 プラチナ」

 青森市内の酒販店7店でつくる「ななの会」が独自ブランドとして販売している日本酒「七力(しちりき)」が15周年を迎え、記念の限定酒「純米大吟醸 雫(しずく)取り 七力 プラチナ」が発売された。7店の店主らは「15年続けられたのは、お客さんたちのおかげ。感謝の気持ちを込めて企画したので、ぜひ味わってほしい」と話す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から