出荷するメロンに「つがるブランド」シールを貼る福島市長(中)ら

 青森県つがる市のつがるブランド推進会議(会長・福島弘芳市長)は14日、同市のごしょつがる農協木造総合支店で本年産ブランド認定メロンの出荷式を行った。大都市への出荷が本格化し、この日は主力品種タカミメロン2600箱を大阪、名古屋の市場へ送り出した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。