青森市で新型コロナウイルスの感染が判明した20代接客業女性=茨城県=の濃厚接触者の確認が難航していることに対し、青森県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師は14日、このまま一部は追跡できなかったとしても現時点で市中感染が広がる可能性は低いとの見方を示した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。