権現崎沖の海底に沈めるため大型クレーンで台船に積み込まれる巨大魚礁=中泊町の小泊漁港

 青森県中泊町の小泊漁港で建造中の巨大な魚礁3基が完成し、14日、同町権現崎沖の日本海の海底に沈める工事が行われた。堤防に大きな台船が横付けされ、高さ約21メートル、重さ約56トンの魚礁が大型クレーンでつり上げられる迫力の光景が見られた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。