「透明マスク」を着け、表情豊かに手話文化について説明する外崎さん

 県ろうあ協会青年部長で、弘前学院大学卒業生の外崎真妙子さん(27)が9日、青森県弘前市の同大で「手話言語とろう文化」と題して講演した。6日に施行された「県手話言語条例」について「障害がある人と一般の人が、共に歩むきっかけになれば」と期待感を示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)