リンゴの着果状況を調べる担当者=藤崎町高瀬

 青森県は13日、2020年産リンゴの着果状況調査を開始した。津軽、県南地域計72の園地でリンゴの実の数や摘果作業の進み具合などを調べ、高品質なリンゴの生産に向けた指導に役立てる。調査は14日まで。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)