八戸市博物館で開催中の夏季特別展「飢渇の郷土史-八戸ケガジ録-」
当時食べられていた「しみいも(しばれいも)」や豆類、雑穀などを展示

 八戸市博物館で、近世八戸の飢饉(ききん)について取り上げた夏季特別展「飢渇の郷土史-八戸ケガジ録-」が開かれている。度重なる冷害や凶作、飢饉に見舞われてきた八戸の歴史を、郷土資料など220点を通して振り返る。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から