8月1、2、8、9の各日に特産品の販売会場となる旧弘前偕行社

 青森県弘前市の桜田宏市長は13日、津軽広域連合8市町村を代表して記者会見し、新型コロナウイルスの影響で冷え込んだ地域経済を回復させるため、広域プロジェクト「エール津軽!!」を実施すると発表した。各市町村を巡回する特産品販売会「津軽応援フェア」やスタンプラリーなどを開催し、地元住民による圏域内の消費を促す。第1弾として8月1、2、8、9の各日、弘前市御幸町の国重要文化財「旧弘前偕行(かいこう)社」を会場にフェアを開く。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)