まかど温泉スキー場の生息地で見られるハッチョウトンボの雄

 「日本一小さなトンボ」として知られ、絶滅が心配されているハッチョウトンボが、今年も青森県野辺地町のまかど温泉スキー場の湿地に姿を見せている。青空の広がった13日は、鮮やかな赤色の雄たちが水面近くを優雅に飛び交っていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。