青森市の小野寺晃彦市長は13日、同市で新型コロナウイルスの感染が確認された20代接客業女性が勤務する派遣型の風俗店(デリバリーヘルス)と連絡を取り、女性が接客した顧客リストの提供を受けたと明らかにした。利用者は25人とみられ、市は男性従業員2人を含めた27人を濃厚接触者としている。うち、従業員2人を含む男性4人がPCR検査を受け陰性を確認、男性5人が検査予定だが、残る18人とは連絡が取れていない。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。