トロフィーや賞状を手に記念写真に納まる三沢商の生徒=13日午後

 新型コロナウイルス感染予防により、高校生の珠算・電卓やワープロなど商業系の全国大会と青森県予選会が中止された中、代替となる4大会5競技の県高校通信大会(県高校商業教育研究会主催)が6月、相次いで開かれた。三沢商業が団体の部で5競技すべて優勝、個人の部も4競技で1位に輝くなど好成績を上げた。平成に入り商業系大会が現在の形になって以降、同じ高校が5競技を制覇したのは県内初という。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から