生徒が使わない間、図書室の机を消毒する阿保さん。「新しい生活様式」を実践する学校生活を支えている=鶴田中
算数の授業中、一人一人の様子を確認しながら指導していく伊藤さん(左)=今別小

 学校の深刻な多忙化が指摘される中、新型コロナウイルス対応でさらに負担が増える現場を支援しようと、感染対策や学習指導に当たる人材を追加配置する動きが青森県内で出てきている。学校からは「子どもたちと向き合う時間を確保できるようになった」「一人一人に目を配れる」との声が上がっている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)