青森市で新型コロナウイルス感染が判明した開業医の60代男性に関連し、市は11日、濃厚接触者に当たる同居の60代妻についても新たに感染が確認されたと発表した。同市の感染者確認は3日連続で、6人目。県内の感染者はこれで30人となった。妻のほかに濃厚接触者とされた知人1人と、男性の医療機関で働くスタッフ8人はいずれもPCR検査の結果、陰性だった。

 9日に感染が確認された開業医は自らの医院で6~9日に240人を診察し、8日には校医として市内の県立高校で生徒350人の健診を担当していた。市は11日までに、医院を受診した人のうち217人、健診を受けた生徒全員と連絡が取れ、現時点で体調不良を訴える人はいないとした。残る23人の受診者にも引き続き電話などで連絡を試み、計590人の健康観察を続けるという。

 首都圏滞在歴のある感染者が市内で3日連続で確認されたことを受け、小野寺晃彦市長は11日の記者会見で、関東方面への不要不急の移動を控えるよう、あらためて市民に呼び掛けた。

 市によると、新たに感染が確認された開業医の妻は夫婦で3日に上京し、4日に横浜市内で娘夫婦と会食。5日に東京都内で息子夫婦と会食後、青森市へ戻った。

 夫の感染が判明した9日夜に発熱の症状があり、濃厚接触者として受けたPCR検査の結果、陽性反応が出た。現在は症状がなく、市内の感染症指定医療機関に入院する予定。妻の濃厚接触者は調査中だが、市は妻が帰宅後に外出していないことから現時点で該当者が出る可能性は低いとみている。

 このほか開業医の濃厚接触者は、横浜、東京で会食した別居の娘夫婦と息子夫婦の4人。市によると、10日夜に現地保健所に問い合わせた結果、新たに娘も感染が確認されたという。娘夫婦は夫の会社での感染者発生を踏まえてPCR検査を受けており、夫は既に陰性が確認されていた。市は息子夫婦の検査を現地保健所に依頼している。