道路脇に水がたまり、しぶきを上げる通行車両=11日午後0時50分ごろ、青森市花園2丁目

 11日の青森県内は低気圧などの影響でおおむね雨の一日となった。青森地方気象台によると、10日午後9時の降り始めから11日午後11時までの主な地点の総雨量は三戸97.5ミリ、新郷村戸来84.0ミリ、鯵ケ沢80.5ミリ、五所川原77.0ミリ、十和田76.0ミリ。さらに12日の明け方にかけ、津軽と三八上北を中心に雷を伴って激しい雨が降り、大雨になるところがある見込み。

 11日、青森市でも時折強い雨が降り、路面や路肩には水がたまり、行き交う車両が水しぶきを上げていた。歩道では傘を手にした市民らが大きな水たまりに「うわー」などと言いながら、困惑した表情を見せていた。

 12日午後9時までの24時間に予想される雨量は多いところで津軽と三八上北120ミリ、下北80ミリ。同気象台は土砂災害や低い土地の浸水、洪水などに警戒を呼び掛けている。