オンライン会見に出席した呉勝浩さん(上)と矢樹純さん=10日午後

 第73回日本推理作家協会賞(日本推理作家協会主催)の受賞者記者会見が10日、オンラインで行われ、長編及び連作短編集部門の呉勝浩さん(38)=青森県八戸市出身、大阪府在住=は「先輩作家に太鼓判を押され報われた思い」と喜んだ。短編部門の矢樹純(やぎじゅん)さん(43)=本名非公表、神奈川県在住=は青森市出身。「形にしたい思いで書いた作品が評価されてうれしい」と声を弾ませた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から