小林薫さん、和久井映見さん

 NHKは10日、吉沢亮さん演じる実業家渋沢栄一を主人公に幕末から明治期までを描く2021年の大河ドラマ「青天を衝け」の主な出演者を発表した。栄一の父市郎右衛門を小林薫さんが、母ゑいを和久井映見さんが演じる。

 栄一の姉なか役を村川絵梨さんが、妹てい役を藤野涼子さんが、いとこ喜作役を高良健吾さん、喜作の妻よし役を成海璃子さんが務める。栄一を重用した江戸幕府最後の将軍徳川慶喜役で草なぎ剛さんが出演する。

 小林さんは「ちょっとした研究者や科学者のような人だった市郎右衛門さん。栄一につながる新進の人だったのかな。収録を重ねながら学んでいきたい」とコメントした。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む