サンアップル醸造ジャパンの工場兼店舗の建設地。奥は立佞武多の館

 大豆や小麦、リンゴの栽培を手掛けるサンアップル醸造ジャパン(青森県つがる市)が、県産リンゴを使ったアップルブランデーの生産を始める。五所川原市大町に工場兼店舗を建設する計画で、9日に建設地で地鎮祭を開いた。周辺には立佞武多(たちねぷた)の館などの観光施設があり、同社は観光客らにお土産品として売り込む狙いだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)