浪岡中学校の空き教室に保管されている扇風機。青森市では、多くの小・中学校で扇風機が不足している

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校措置の影響で、夏休みに出校せざるを得なくなった子どもたちを支援しようと、不要になった家庭用扇風機の提供を地域に呼び掛ける運動が、青森市の一部地域で始まった。同市の小・中学校全体では400台近くの扇風機が不足しており、関係者は「マスクを着けた子どもたちが少しでも快適に授業を受けられるよう協力してほしい」と呼び掛けている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。