チャリティーグッズを前にイラストを掲げる齋藤さん

 新型コロナウイルスへの対応に追われる医療従事者を支援する力になろうと、青森県三沢市のイラストレーター齋藤さち子さん(36)が募金グッズを作成、販売するチャリティー活動を行っている。購入者の中で希望した人に、コロナ禍を通じて感じたことをインタビュー、紹介する企画もSNS(会員制交流サイト)で行い、気持ちを共有し合っている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から