県の担当者(左)に要請文を手渡す三上委員長

 青森県反核実行委員会(三上武志委員長)は8日、県に対し、原子力政策の見直しと、青森県を高レベル放射性廃棄物の最終処分場としないよう、国へ働き掛けることを求めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)