自民党の国会議員でつくる「地域公共交通の活性化と再生を考える議員連盟」(会長・赤沢亮正衆院議員)は8日、国土交通省で赤羽一嘉国交相に対し、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた地方の鉄道やバス、タクシーなど、地域公共交通を担う事業者への支援強化を提言した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から