もみじ学園に寄贈したねぷた絵を持つ、絵師の今井さん(右)と学園の羽賀・総合施設長

 黒石ねぷた祭りなどの夏祭りが新型コロナウイルス感染防止のため中止となっている今夏、黒石ねぷたの絵師らの団体「黒昇會(こくしょうかい)」(今井秋行(ときゆき)会長)は祭りムードを少しでも味わってもらおうと今年も、青森県黒石市内の保育園、福祉施設などにねぷた絵をプレゼントしている。配布先は例年5カ所程度だが、今年は黒石ねぷた祭りの中止を受けて約10カ所に増やす予定。7日は今井会長が、同市南中野にある障がい者の入所施設「もみじ学園」にねぷた絵を届け、喜ばれた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から