2018年10月、青森県八戸市河原木浜名谷地の「八戸製錬」内にある熔錬(ようれん)工場で、作業員の橘義男さん=当時(52)=が作業中にスクリュー式のコンベヤーに巻き込まれて死亡した事故で、業務に必要な注意義務を怠ったとして、八戸署が近く、当時の統括作業長や元請け会社の関係者ら3人を、業務上過失致死の疑いで書類送検する方針を固めたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)