保商社長の比内理佑さん(右)と、弟で飲食事業を統括する理司さん
じっくり焼き上げたパンケーキのプレーン(右)とストロベリー
保商の駐車場などで営業している移動販売車
移動販売車では砂糖をかけて表面を焼いたブリュレクレープが人気

 青森県弘前市の駅前通りに面するイトーヨーカドー弘前店1階に6月、「窯焼きパンケーキ&Cafe Piyo」がオープンした。手がけるのは、地元の総合保険代理店「保商(ほしょう)」。異業種のようにみえて実は、2001年から藤崎町のイオン藤崎店1階フードコートで「Hosho東花(とうか)」を営業する同社。20年で得たノウハウを生かし、東花で人気のクレープ生地を応用した独自のパンケーキを提供している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。