花の手入れの技や知識に特に秀でた、「花守美人」(はなもりびと)と呼ばれる7人のメンバー。宿根草の花壇を守り続けている=4日、十和田市官庁街通り
官庁街通りの花壇に咲く(上から)ガウラバレリーナホワイト、ヒペリカム、カンパニュラ

 冬を乗り越え毎年咲き誇るかれんな花は、北国に生きるたくましさの象徴のよう-。青森県十和田市の市民団体、十和田ガーデン花街道(小嶋敏子代表)が、同市官庁街通りで多年草の一種「宿根草(しゅっこんそう)」を育てて、今年で10年目を迎える。約120株から始めた花は6千株以上に増え、約450種が春から秋にかけ次々と咲きそろう。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。