ジュノハートを使って開発されたスイーツ

 サクランボの青森県産新品種「ジュノハート」を使ったスイーツの試作品が6日、県庁でお披露目された。規格外品の活用方法を探りつつ、生果以外でもジュノハートが消費者に認知される機会を増やそうと、県が菓子店などに試作品開発を依頼。計8商品が完成し、8日から順次各店でテスト販売される。関係者が6日、県庁を訪れ柏木司副知事に完成を報告した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。