新型コロナウイルスの影響により開催を延期していた館鼻岸壁朝市。開催を待ちわびていた市民らでにぎわった=5日午前5時57分、八戸市

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催を延期していた青森県八戸市の「館鼻岸壁朝市」が5日、例年より約3カ月半遅れで始まった。開催を待ちわびていた市民ら約1万5千人(主催者発表)が訪れ、旬の魚介類や新鮮な野菜を買い求めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。