【準決勝・青森山田-八戸東】八戸東打線を4回2安打無失点に抑えた青森山田の先発・坂野=五所川原市営球場
【準決勝・藤崎桜城-弘前聖愛】4回裏、弘前聖愛2死一、三塁、齋藤琉が内野安打を放ち6-1とリードを広げる

 第23回東奥日報社杯争奪リトルシニア野球青森県大会兼第27回県支部大会(日本リトルシニア中学硬式野球協会東北連盟県支部主催、東奥日報社共催)は2日目の5日、五所川原市営球場で準決勝2試合を行った。青森山田と弘前聖愛が決勝進出を決めた。

 青森山田は初回と五回にそれぞれ4得点、投げては2投手が零封し、八戸東を8-0の五回コールドで下した。昨年春・秋に続く3連覇を狙う弘前聖愛は藤崎桜城と対戦。序盤から小刻みに加点し、8-1で五回コールド勝ちした。

 同日は青森市スポーツ広場で、1回戦で敗れたチーム同士の対戦も行われた。

 決勝と3位決定戦は11日、東北町南総合運動公園で行う。