「幻のねぷたバル」のチラシ
ウイルス感染対策の徹底を確認した参加店向けの説明会

 マップとチケットを手に飲食店を巡る「弘前バル街」が、8月1日に開かれる。18回目となる今回は、新型コロナウイルスの影響で中止となった弘前ねぷたまつりの代わりに、食べ歩き、飲み歩きで真夏の夜を盛り上げようと「幻のねぷたバル」と銘打った。参加する50店舗は、感染対策を講じた上で自慢の料理やドリンクを提供する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)