歩道の清掃活動を行う青森ダルクの入寮者=1日午前、青森市小橋

 青森市小橋にある県内唯一の薬物・アルコール依存症者の社会復帰支援施設「青森ダルク」が4月1日付で障害者総合支援法に基づく事業所として市の指定を受けてから3カ月が過ぎた。施設に対する近隣住民の受け止めに変化が見られた一方、「何か問題を起こされたらと思うと怖い」と心配の声も上がる。共同生活援助(グループホーム)と自律訓練(生活訓練)を兼ねた施設の意義や役割についての理解が十分浸透したとは言えず、共生への険しい道のりは続く。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。