中学男子100メートル走で、地域住民の声援を受けながら競り合う生徒
「ソーラン」を披露した生徒

 本年度末で閉校する青森県大間町の奥戸中学校(祐川達也校長)は4日、同校グラウンドで奥戸小学校と最後の合同運動会を行った。同中の全校生徒23人が力いっぱい競技に臨んだ。地区住民らも競技に参加し、一丸となって学びやでの思い出を刻んだ。奥戸中は来年度、大間中に統合する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。